おかげさまで創業1周年

大人の山旅 中村みつをさん同行 コテコテやで~大阪まちなか超低山+α 10座登るまで帰れまテン!3日間

天保山(4.5m)を調べていたら大阪8低山なるものを発見してしまった。よくよく考えたら東京など関東圏に住む人にとって大阪の中心部はあまり縁がない人も多いのではないか。私自身も道頓堀や通天閣は行ったことがあるけど、四天王寺や住吉大社は行ったことがない。もちろん8低山も登っていない。こてこてに大阪の市内を歩きながら8低山に登頂したら面白いツアーになりそうだ。とりあえず大阪の街地図を購入し、地図とにらめっこしながら8低山を結んでみた。鶴見新山以外の7座は中心部にまとまってるので徒歩と電車で2日間あればまわれることが分かった。大阪市内には無料で乗れる渡船もある。通天閣にもせっかくだから登ることにしよう。食べ歩きもしよう!夕食はこてこてに道頓堀の「かに道楽」にしよう!もう1日はどうしようか?飛田新地に遊郭を改築した評判の「鯛よし百番」というお店がある、良さそうだ。8低山は茶臼山26m、御勝山14m、真田山15m、聖天山14m、帝塚山20m、昭和山33m、天保山4.5m、鶴見新山39m。せっかく大阪の低山に行くのだから、堺まで足を伸ばして、一等三角点が設置されている標高6.97mの日本一低い山、蘇鉄山にも登ってみよう。旅の最後は切りよく10座目として、大阪市内を一望にする好展望の河内飯盛山(314m)を組み込むことにした。ここには、続日本百名城にも選ばれた飯盛城跡もある。ここ最近はインバウンド宿泊者が多く、心斎橋周辺のホテルの予約に悪戦苦闘したが、何とか全シングルルーム、大浴場付のビジネスホテルを2連泊で予約ができた。中村みつをさんに提案したところ、とても興味を持っていただき、快諾いただいたので出発までにしっかり視察し、皆さまをお迎えします!中村みつをさんと寺井の珍道中、皆さんと楽しい街歩きができるのを楽しみにしています。

ツア―のポイント

  1. 3日間で大阪のまちなか超低山9座+低山1座に登ります
  2. 一等三角点が設置された日本一低い山(蘇鉄山)に登ります
  3. 新世界を訪ね、通天閣に登ります
  4. 中村みつをさんと新世界や四天王寺、住吉大社など大阪市内の名所を巡ります
  5. 大阪市内は徒歩の他、電車や渡船も駆使して巡ります。電車代は弊社負担
  6. 心斎橋周辺のビジネスホテルにシングルルームで2連泊
  7. 2日間とも夕食はコテコテの大阪ならではのお食事を準備いたします
  8. 最終日は大阪市内を一望にする好展望の名低山、河内飯盛山に登ります
  9. 大阪街歩きの専門ガイドは付きません(中村みつをさんが簡単に説明しながらご案内します)
通天閣
道頓堀
鶴見新山からの眺め
天保山山頂
住吉大社
鯛よし百番
河内飯盛山から大阪市内を望む
飯盛山の登山口となる四條畷神社
一等三角点のある日本一の低い山、蘇鉄山

出発日と料金

2024年出発日日数旅行代金催行状況
5月16日(木3日間149,000円残1
ツアー詳細
  • 集合/時間:心斎橋駅/11:45
  • ツアーレベル:<体力:2 ><技術:レベル1>⇨詳しく見る
  • 歩行時間:①約4時間 ②約6時間 ③約5時間
  • 食事:朝2回・昼2回(軽食1回)・夕2回
  • ツアーリーダー:寺井 信之(てらい のぶゆき)
    同行範囲:【1日目】心斎橋駅から【3日目】新大阪駅まで
  • その他:
宿泊先

※ヒラリーズ心斎橋予定。1、2泊目ともシングル利用。

ツアー日程表

飛行機: 船: 専用車: 電車: 歩行:

1日目:5/16(木)心斎橋駅午前11:45時集合

心斎橋集合後、徒歩でホテルへ。歩行に不要な大きな荷物をホテルに預けて出発。新世界へ。通天閣に登った後は茶臼山(26m)へ。その後、四天王寺を経由し、御勝山(おかちやま/14m)※登頂不可へ。北上し、真田山(さなだやま/15m)へ。地下鉄で玉造駅から心斎橋駅へ。夕食は「かに道楽道頓堀本店」にご案内します。

(軽食・夕)心斎橋(ホテルヒラリーズ心斎橋)泊

2日目:5/17(金)

朝、堺筋線で長堀橋駅から天下茶屋駅へ。 聖天山(しょうてんざん/14m)に登ります。更に帝塚山(てづかやま/20m)※登頂不可へ。住吉大社で参拝後は電車を乗り継ぎ、津守駅へ。 ここから渡船を利用し昭和山(しょうわざん/33m)へ。更に渡船を利用し、朝潮橋駅へ。地下鉄で大阪港駅へ。 天保山(てんぽうざん/4.5m)に登頂します。夕食は飛田新地にある「鯛よし百番」にご案内します。

(朝・昼・夕)心斎橋(ホテルヒラリーズ心斎橋)泊

3日目:5/18(土)

朝、 専用車で堺市へ。 一等三角点のある山として日本一低い山、蘇鉄山(そてつやま/6.97m)へ。その後、さらに 専用車で、1990年に開催された「国際花と緑の博覧会(大阪花博)」のメイン会場だった鶴見緑地へ。 徒歩で大阪市内の山の中では最高峰の鶴見新山(つるみしんざん/39m)へ(※欄外参照)。その後、 専用車で河内飯盛山(かわちいいもりやま/314m)の登山口となる四條畷(しじょうなわて)駅付近へ。四條畷神社より階段の道を登り尾根へ。尾根沿いのトレイルを緩やかに登り、河内飯盛山の山頂へ。生駒山地北端に位置する山で、山城のある山としても知られます。続日本100名城に数えられる飯盛山城は、南北朝時代に楠木正成方の要塞として、戦国時代は三好氏の家臣の居城でした。3日間を過ごした大阪の市街を一望にする展望を楽しんだ後、野崎駅付近下ります。下山後、専用車で新大阪へ(17:30解散予定)。

(朝・昼・-)

注釈
  • 上記日程・発着時刻や訪問地は、天候、交通機関の都合、現地事情、歩行ペース等などにより変更されることがあります。
  • 上記歩行時間は一般コースタイムであり、休憩・食事時間は含みません。
  • 登山に不要な荷物は、バスまたは宿に預けられます。
  • 鶴見新山は2024年2月現在リニューアル工事のため、4月26日まで、山頂付近は一部立入禁止となっております。ツアー実施の際には工事は終了している予定ですが、万一、工事が遅延する場合、影響が出るおそれがあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!